健康保険を重視して仕事を探すという方法も

正規雇用・非正規雇用を問わず、会社で仕事をしている場合は、たいてい会社で健康保険に加入することができます。しかし、退職した後は、自治体の国保に自分で加入しなければなりません。転職活動をする場合、何を重視して企業を選ぶかが大切になってくるのですが、無職の状態から転職活動を始める場合は、きちんと会社で健康保険の制度が整っているかを重視して選択することが大切です。国保に加入している状態でも、医療機関を受診する際の不都合はありませんが、会社で加入する健康保険には、国保には用意されていないメリットがあるのです。

無職になってしまうと、転職活動を進めるのが非常に困難です。基本的に、転職の際は職務経歴が重視されますが、前職からのブランクも大きく影響するためです。無職の場合、なぜ勤めていた企業を退職したのかを説明しなければなりません。面接担当者を納得させる説明ができなければ、転職活動で成功を収めることは難しいのです。

とはいえ、卑屈になる必要はありません。転職活動の際に、ブランクをあまり考慮していない企業も多数あります。最も大切なことは、ブランクがあることをマイナスに捉えるのではなく、ブランクの期間に新たな知識を身につけたり、資格を取得したりして、積極的にアピールすることなのです。無職で応募した場合でも、採用されているケースは非常に多くあります。残業代 請求 タイムカード

きちんとした企業への就職に成功すれば、国保を脱退して健康保険に加入することも可能になります。

在職中で無い人こそ、転職エージェントを使おう

転職活動をするために今の仕事をやめて一旦無職になる方もいらっしゃいます。
無職になれば自由に昼間でも転職活動ができるので有利なのですが、MR転職のように求人倍率が高い職種や、早く次の仕事に就きたい時には、特に転職エージェントサービスを使うとより有利になります。

転職に使える有名なサイトやエージェントといえば、dodaやリクルートエージェント、マイナビやtypeなど、大手企業が運営している転職サービスが多数あります。総合的な転職だけでなく、最近は業界や業種に特化している転職サイトも増えてきている印象があります。特に看護師や保育士などの職種も、特化サイトが多いですし、若い人に人気のエンジニア向けの転職サービスも人気があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です